『ポジティヴ・ワークスをすべての企業に』

私はこのたび社労士として開業するにあたり、健康で働きがいと幸せを実感できる企業づくりを支援したいと考え、そのコンセプトを「ポジティヴ・ワークス」と名づけ事務所名としました。

この事務所名の由来と、ポジティヴ・ワークスが果たす使命について説明します。

ポジティヴヘルスとは?

私は2019年にヨーロッパの保健福祉の先進事例を学ぶためにオランダを訪れ「ポジティヴヘルス」という新しい健康概念に出会いました。

ポジティヴヘルスとは、2011年にオランダの家庭医、マフトルド・ヒューバー博士が唱えた、新しい健康の概念です。
これまで健康というと「身体」と「心」の状態にのみ目を向けていた定義に疑問を持ったヒューバー博士は、健康とはもっと幅広い要素を持つものであり、状態ではなく回復に向かうその人の能力であるというコンセプトを打ち立てました。

また、ヒューバー博士は「社会的、身体的、感情的な問題に直面したときに適応し、本人主導で管理する能力としての健康」というコンセプトを掲げました。
健康を身体や精神の“状態”ではなく問題に適応したり体調を管理したりする“能力”で捉えている点が非常に新しいといえます。

人はなぜ健康でありたいのか。

ポジティヴヘルスは、その目的とはその人が「意味のある人生」を送るためだといいます。
健康になることは目的ではなく手段に過ぎません。

ポジティヴヘルスは、「身体の状態」「心の状態」「生きがい」「暮らしの質」「社会とのつながり」「日常の機能」という6次元で構成される“ 幅広い健康”の概念であることが特徴でもあります。

ポジティヴヘルスは、なぜ必要なのか?

私は、このコンセプトを知るにつれ、経営や働くことにも適用できると確信するようになりました。

企業を経営すること、働くことの目的は何か。

それも「意味のある人生」を送るためではないかと考えるからです。

「ポジティヴ・ワークス」の実現が私の使命

私は社労士として、各種手続きの支援や経営者様への助言を通して、ポジティヴヘルスのコンセプトを具現化した「ポジティヴ・ワークス」な企業の実現を使命とし、社会に貢献してまいります。

個人情報保護事務所認証

社労士事務所ポジティヴ・ワークスは、2022年5月1日、
全国社会保険労務士会連合会より『社会保険労務士個人情報保護事務所(SRPⅡ)』の認証を受け、
認証マークが交付されました。

※『社会保険労務士個人情報保護事務所認証制度(SRPⅡ)』の概要はこちら

個人情報保護方針

社労士事務所ポジティヴ・ワークスは、社会保険労務士として行う業務を通じて取扱う顧問先の皆様の特定個人情報等及び当事務所の従業員等の特定個人情報等の厳格な保護を重大な社会的責任と認識し、特定個人情報の適正な取扱いの確保について当事務所とし取り組む本基本方針を定めます。

特定個人情報等の取扱いの範囲、体制について

当事務所は、個人番号を取り扱う事務の範囲及び特定個人情報等(事務において使用 する個人番号及び個人番号と関連付けて管理する個人情報、氏名、生年月日等)の範囲を特定し、事務取扱担当者を明確にいたします。また、特定個人情報取扱規程を策定し、特定個人情報を取り扱う体制の整備を行います。

安全管理措置について 

当事務所は、特定個人情報の安全管理措置に関して、特定個人情報の漏えい、滅失又は毀損の防止その他の特定個人情報の適切な管理のために必要な措置を講じます。
特定個人情報等の取扱いに際し、第三者へ業務を委託する場合は、事前に顧問先の皆様の許諾を得て、十分な管理体制を有する委託先を選定し、必要かつ適切な指導・監督を行うものとします。

関係法令・ガイドライン等の遵守について 

当事務所は、個人情報及び特定個人情報に関する法令、国が定める指針、特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)、社労士のためのマイナンバーハンドブック及びその他の規範を遵守し、特定個人情報等の適正な取扱いを行います。

特定個人情報等に関する問合せ窓口

本人からの特定個人情報の取扱いに関する苦情、問合せについては、適切かつ迅速な対応を行うための体制を整えます。当事務所における特定個人情報等の取扱いに関するご質問や苦情に関しては下記の窓口にご連絡ください。

本方針は、全従業者に周知、徹底するとともに、当事務所外に対しても公表いたします。また、従業者の教育、啓発に努め、特定個人情報保護意識の維持向上を図ります。

社労士事務所ポジティヴ・ワークス
代表 出町 勇人

<当事務所特定個人情報お問合せ窓口>
特定個人情報管理責任者 出町 勇人
電話 011-522-8694(受付時間 9:00~18:00)

| トップページへもどる |